本文へ移動

雑記帳

雑記帳

少額コイン

 平成25年、カナダのコインから、1セント硬貨(通称「ペニー」)が廃止されました。日本円で1.04円、約1円玉がなくなったことになります。

 カナダの1セント硬貨ですが、平成24年5月の鋳造終了まで100年以上にわたって、350億枚以上もつくられていたのですが、材料や流通など、1枚作るのに 1.6セント以上も製造費がかかるようになったことが理由としてあげられています。

 カナダの硬貨は、2ドル、1ドル、25セント、10セント、5セントのみになります。
 クレジットカードやデビッドカードの場合は、今までどおり1セント単位で処理されます。
 現金で支払う場合、レジやレシート上には今までどおり1セント単位で計算されますが、「0」「5」「10」のうち、一番近い数字に切捨て切上げして(Rounding)、現金のやりとりが行われることになるそうです。

 もっとも、スーパーマーケットなどでは、9ドル99セントと表示しておいて(日本流の「.98」ではなく、「.99」です)、その商品のみを現金で購入すると「10ドルです」と言われることになります。

 なお、ニュージーランドの硬貨は、もっと極端で、2ドル、1ドル、50セント、10セントのみです。1セント硬貨=0.85円玉、5セント硬貨=4.25円玉は廃止されています。

 1、2、3、4、5は0セントとみなし、6、7、8、9セントは10セントとみなすという、いわゆる5捨6入です。

 スイスはカナダの新制度と同じで、100分の1フラン=1ラッペン(ドイツ語圏)1サンティーム(フランス語圏)硬貨はなく、5ラッペン(5サンティーム)硬貨が最小です。
 1フランは約140円です。

 ユーロは、1セント硬貨=1.42円玉、2セント硬貨、5セント硬貨、10セント硬貨、20セント硬貨、50セント硬貨、1ユーロ硬貨、2ユーロ硬貨があります。

 米ドルは、1セント硬貨、5セント硬貨、10セント硬貨、25セント硬貨、1ドル硬貨で、最少額コインは、1.3円です。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る