本文へ移動

雑記帳

雑記帳

国際的なタブーになった「Z」

 日本航空系の格安航空会社「ZIPAI」が、尾翼に大きく表示されている「Z」の象徴ロゴを使わないことにしました。

 ウクライナに侵攻したロシア軍が戦車や車両に書き込んでいる「Z」のシンボルを連想させかねない、という懸念がその理由のようです。

 ZIPAIRは、英文表示の頭文字となるZを象徴ロゴとして使ってきましたが、ウクライナ戦争が始まった後、ロシア軍が「勝利のため」などの意味で使っている「Z」のシンボルを思い起こさせ、侵攻を支持する企業だとの誤解を招きかねないという指摘がありました。

 顧客からの問い合わせ電話もあったそうで、ロゴ変更は、乗客が少しでも不安にならないようにしたいという趣旨のようです。

 ロシアによるウクライナ侵略以降、「Z」は、企業がデザインやマーケティングで使ってはならない「タブー」になっています。

 スイスのチューリッヒ保険は、社名(Zurich)から取ったZの字を白で描いたロゴを150年間使ってきましたが、当分これを使用しないこととしました。

 韓国のサムスン電子は令和4年4月、バルト3国とウクライナで販売するGalaxy Zシリーズから「Z」を削除したそうです。

 日本で「Z」といえばゼンリンですが、どうするのでしょうか。
西野法律事務所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-6-8堂ビル407号
TEL.06-6314-9480
FAX.06-6363-6355
 
お気軽にご相談下さい

電話による法律相談は行って
おりません(土日祝日休)
9時~12時 1時~5時30分
TOPへ戻る